交通事故にあった時には弁護士に相談しましょう

交通事故にあってしまって怪我を負って、こちらに過失割合が全くないにもかかわらず、せっかく加入している自動車保険会社は、示談に協力してくれません。そのため、法律の知識が必要になる示談交渉を被害者本人が、加害者の自動車保険会社の人間と行うことになってしまいます。加害者の自動車保険会社の人間は、何度も示談交渉を行ってきた経験があることがほとんどなので、示談交渉は、圧倒的に不利な状況に追い込まれてしまいます。そんな不利な状況に追い込まれないようにするには、交通事故の示談交渉の経験が豊富な弁護士に相談するのが、おすすめできる方法になります。弁護士に相談することによって受け取ることができる損害賠償金の金額が大幅に増えることも期待できることになります。

損害賠償金の金額が大幅に増加する理由

なぜ、交通事故の示談交渉について弁護士に相談すると、損害賠償金の金額が大幅に増加することが期待できるのかというと、損害賠償金の中には慰謝料が含まれているためです。慰謝料は、交通事故で負った怪我により生じる精神的な苦痛に対して割り出されるお金なので、曖昧といえば曖昧なお金ということになります。そのため、示談交渉の進行具合によって、慰謝料の金額は大幅に変動することになります。交通事故の示談交渉の実績が豊富な弁護士は、あらゆる交通事故の慰謝料が決められた裁判の判例を熟知しているので、高額な慰謝料を提示できる根拠についても充分に知識を蓄えています。そのため、弁護士に相談することによって交通事故の損害賠償金の金額を大幅に増額することが期待できるということになります。

慰謝料の金額を決める幾つかの基準

慰謝料の金額を具体的に決めるにあたっては、一から決めようとすると効率が悪いので、過去の交通事故の慰謝料の金額を踏まえて前もって決められている幾つかの基準があります。幾つかあるのは、慰謝料を決める立場にある人によって基準の決め方が異なるためで、一番金額が低く設定されている基準は自賠責基準になります。自賠責基準は法律で決められたもので、自賠責基準よりも安い金額に慰謝料を設定してはいけないことになっています。加害者の自動車保険の人間が使うのは任意保険基準という基準を使いますが、自賠責基準とほとんど差がないことが多いです。つまりほとんど最低限の金額と言うことになります。弁護士が使う弁護士基準は裁判の判決に基づいているので、怪我の症状に応じた慰謝料の金額に設定することができます。